2017年は、『SUPER FOLK SONG』にもう一度出会う一年になる

CDやアルバムで、「墓場まで持っていく」と決めているアルバムが一枚あるとすれば、それはなんだろうか。

私の一枚は、矢野顕子の『SUPER FOLK SONG』だ。

[amazonjs asin=”B00B9HEBVM” locale=”JP” title=”SUPER FOLK SONG”]

だいたいの大人は仕事をはじめると、新しい音楽を聴いている暇がなくなるので
思春期に訊いた曲を、いつまでもカラオケの持ち歌にしたり、鼻歌で歌ったりします。

私も思春期にはたくさん、いろいろ聞きました。
聴いているうちにほとんどの曲は飽きてしまいます。
10代、20代から今まで変わらず聴き続けているのは、矢野顕子と古今亭志ん朝です(以下敬称略)。

flumpoolやRADWIMPSも、聞けばといいなと思いますが、脳内の歴史が違います。

その、『SUPER FOLK SONG』、カバー曲であり、名曲ぞろいです。
矢野顕子らしく、原曲がわからないくらいのアレンジスタイルは、このころすでにできあがっています。
「やたらファンがリクエストするけど、矢野顕子がCD収録の通りには弾いてくれない」でおなじみの中央線も入ってます。

『SUPER FOLK SONG』は信じられないことに一発録音です。
その一発録音の様子を収めたドキュメンタリー映画がありました。
アルバムと同名の『SUPER FOLK SONG』です。1992年の映画です。
圧倒的な緊張のなかでの音楽家のクオリティに驚かされる名作です。
どれだけ練習しているんだろう?

このドキュメンタリーがレストア&リマスタリングされて、劇場に復活するというのです。

http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=3329&cd=yanoeiga_about

行くにきまってるだろう。
劇場が40代50代のおじさん、お〇さんでいっぱいになっちゃうこと必至。
わたしもその年代のおじさんとして、他のおじさんにおじさんと認識されに行ってきます。

PHP5技術者認定初級試験の対策と、実際の試験の様子について

 PHP5技術者認定初級試験

3か月間、易しめの試験を受け続けるという、「ガリ勉チャレンジ」をやってます。
まるで就職前の学生のようです。

3か月で資格試験6つを受け続ける「ガリ勉チャレンジ」スタート

6つ受ける試験の最初は「PHP5技術者認定初級試験」。
この試験はPHPというプログラミング言語の初級編です。

この言語を知っておくとウェブサービスを自前で開発したリ、
ブログをアレンジしたりするのに役立ちます。

本日受けて、なんとか合格しました。ホッ。

受験方法

基本的にいつでも受けられます。
オンラインで、試験会場を予約して受験します。

試験概要

試験対策について

拙著「21時間理論」を実践しようとしましたので、
勉強時間を一つの試験につき、21時間以内に絞りました。
[amazonjs asin=”B01GXOTPF2″ locale=”JP” title=”自分を変えずに結果を出す21時間理論: デザインスクール講師が教える、苦しまないアウトプットの方法”]

制限時間つきの勉強時間なので、
基本的には問題集を繰り返すのみです。
そのうえで、なじんでいないものをローカル環境で確認しました。

使った問題集はこちら。
[amazonjs asin=”4844332775″ locale=”JP” title=”徹底攻略 PHP5技術者認定初級試験 問題集 PJ0-100対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)”]


試験の問題で、すぐわかるものにはどんどん赤線で消していきます。次に見返すときも、そこは読みません。これで時間の短縮になります。

章全部が「もう見なくても大丈夫」になったものは、ホッチキスで閉じてしまって、めくる時間を短縮するようにしました。
これで繰り返す時間が圧倒的に短くなります。

ちなみにこの勉強時間を短縮する方法は、宇都出雅巳さんの「合格(ウカ)る技術」をもとにしています。
[amazonjs asin=”4883999920″ locale=”JP” title=”合格(ウカ)る技術”]

PHPは仕事でたまに使っていたので、対策は問題集だけでよかったです。
もし、問題集をといてみて4割もわからなければ、入門書があったほうが良いでしょう。
[amazonjs asin=”4797382740″ locale=”JP” title=”~短期集中講座~ 土日でわかる PHPプログラミング教室 環境づくりからWebアプリが動くまでの2日間コース (Informatics&IDEA)”]

試験の流れ

「何も年末に受けなくてもいいんじゃないか」という時期ですが、6,7人の受験者がいました。

試験はパソコン上で行います。筆記具はいらなかったです。

荷物はロッカーに全部預けます。腕時計をつけるのも認められませんでした。

私の試験場では、身分証2つと申し込み時の確認書を印刷したもの1部の持参が必要でした。
(※受験の持参品については、必ず受験する会場のものを確認してください。)

受験時間ではなく、集合時間から、時間厳守です。
「集合時間に遅れたら、受験ができません」と書いてあります。
なんと、遅れてきた方がいらっしゃいました。

次は「ITパスポート試験」

次の試験は「ITパスポート試験」。
これもいかにも就職前に受けそうな試験です。

アルゴリズムや、コンピューターシステムの復習をしたいと思います。
範囲が広いし、あと10日しかない!これも21時間で対策しようと思います。
帰省の移動中に勉強することにします。

WordPressをローカル環境からサーバーへ移行する方法

WordPressをローカルからサーバーに移行する

ちょっと前に「WordPressをローカル環境にインストールする方法」を書きました。
http://site316.com/archives/765

その続きで、ローカル環境からサーバーに移行する方法です。

ちょっと前の方法が書いてあるのがこちらです(今回は)
http://sozoen.com/yuichiro/wordpress-local-server

そんなに難しくないですが、全体の工程を知らないと、何をやっているのかわからなくて苦痛に感じるかもしれないです。

そんなあなたに朗報です。
All-in-One WP Migrationというのを使うと、mySQL関係の設定はわからなくても移行できてしまうのです。

https://servmask.com/products/unlimited-extension
驚くほど簡単です。ぜひAll-in-One WP Migrationの仕様をお勧めします。

※移行後のセキュリティーについては、自己責任でお願いします。

工程は
1. ローカル環境にWPをインストールする
2. All-in-One WP Migrationを入れる。
3. ファイルのエクスポート
4. サーバーにWPをインストールする。
5. All-in-One WP Migrationを入れる。
6. ファイルのインポート

です。

設定手順

1.ローカルにWPをインストールする

こちらを参照ください。
http://site316.com/archives/765

2.All-in-One WP Migrationを入れる。

「プラグイン」の「新規追加」から検索します。
有効にすると、下記のように項目が追加されます。

3.ファイルのエクスポート


Exportを選択し、FILEを選択します。


緑のボタンを押しましょう。


拡張子.wpressのファイルがダウンロードされます。

4.サーバーにWPをインストールする。

ロリポップなどほとんどのレンタルサーバーは、簡単にインストールする設定があるはずです。
サイト名、id、パスワードはローカル環境から持ってきた設定に置き換わってしまうので、適当に設定して構いません。

5.All-in-One WP Migrationを入れる。

今度はサーバー側のWPにプラグイン「All-in-One WP Migration 」を追加します。
「プラグイン」の「新規追加」から検索してインストールするのは、先ほどの2と同じです。

6.ファイルのインポート


Importを選択して、.wpressのファイルをドロップします。


これでおしまいです!

気を付けないといけないのは、
テーマも、ワードプレスの設定もみんな移ってしまうので、
WPのID/パスワードも、ローカルで使用していいたものに変更になることですね。

パスワードを複雑化するほか、セキュリティのチェックを怠らないようにしましょう。

EvernoteとScribeFireを使うとブログ投稿の時間短縮になる

一番早い方法はどれだ?

Evernoteを使ってメモや記事を書いてます。

ブログの記事もEvernoteで書いてますが、Evernoteではマークアップができないのが珠に傷。
そこで、マークアップして記述する方法で、一番早い方法を考えました。

Windowsのブログエディター

Windowsのブログエディターで主要なものは3つ。
・Windows Live Writer 2012
・Open Live Writer
・Scribe Fire

日本人が一番使いやすく感じるのはWindows Live Writer 2012でしょう。
マークアップが不慣れでも、UIがわかりやすくデザイン調整が比較的簡単です。

また、Windows Live Writerの開発は止まってしまいましたが、
Open Live Writerに引き継がれています。
このOpen Live Writerはまだ日本語に対応していません。

上記の二つとも、ブログの登録はけっこう面倒です。

Scribe Fireのブログの登録はとっても簡単です。
ただしコードのマークダウン記述方法を覚える必要があります。
覚えたら覚えたで便利なんですけどね。

Markdown(マークダウン)記法でブログ執筆を高速化せよ!

EvernoteとLive Writerは相性が悪い

Evernoteで書いたものをLive Writerにコピペすると改行がおかしくなります。
ScribeFireは、Evernote記事の改行をそのまま反映できます。

Evernoteをブログエディタとして活用する方法


私にとっては、これがScribeFireを採用する決定打となりました。

Windows Live Writer 2012を編集して改行を調整していた時に比べて、圧倒的に時間が短くなりました。

Evernoteを使わない人は

Evernoteを使わずに、ブログ記事を書くのであれば、Windows Live Writerを使うのが早いです。マークダウン記述方法を覚えなくて済みます。

私は記事をもとに電子書籍にしたり、セミナーをしたりと再利用することを考えているので、再度編集できるようにEvernoteにストックしています。
用途に合わせて快適な方法を選ぶとよいでしょう。

Evernoteの新規ノートが別ウインドウで立ち上がる問題を解決する

Evernoteの新規ノートが別ウインドウで立ち上がる

Evernoteヘビーユーザーですが、バージョンアップしたら
ノート作成のたびに新規ウインドウが立ち上がるようになってしまいました。
これは、ひどい。

Evernoteの一番いいところはノートが意のままに分割できるところです。
複数のノートを並べて置けるから、一つの記事を書いている途中に、ふと別のことを思いついても、手早く新規のノートを作って書き残せます。
この発散が気持ちいいのです。

新規のウインドウを立ち上げてノートリストを隠してしまうのは、この最大の利点をつぶしてしまいます。
シングルタスクにするなら別にEvernoteを使わなくてもWordやメモ帳を使えばいいわけです。
それでいいのかEvernote!
“Ever not”と言われてもいいのか!?
と思っていたら、なんとかなりました。

解決方法

このサイトが教えてくれました。

http://webdesign-ginou.com/evernote_window

1:ツール>オプション
を選択

2:”ノート”タブ>”新しいノートに新規ウインドウを作成”のチェックを外す
です。画像はリンク先を参照してください。

ライトユーザー向けに新しく新規ウインドウが立ち上がる設定にしたんだと思いますが、
いちいち新規ウインドウが立ち上がるのが新規ユーザーにフレンドリーなのか?疑問に思います。

3か月で資格試験6つを受け続ける「ガリ勉チャレンジ」スタート

来年の春からはすごく忙しいのですが、3月までに資格試験をうけることにしました。
冬のガリ勉チャレンジ。略して「ガリチャレ」。あんまり短くなってない。

これから受ける試験7つ6つ

・PHP技術者認定試験 2016/12/28
・ITパスポート 2017/01/08
・Webクリエイター認定試験エキスパート 2017/01/14
・Webライティング能力検定 2017/02/12
・個人情報保護士認定試験 2017/02/18/2017/03/19 訂正
・ヘルシーフードアドバイザー 2017/03/11
・メンタルヘルスマネジメントⅢ種 2017/03/19

もちろん知識がほしいから勉強するのですが、
「大変なほうが面白いんじゃない?」というイージーな発想でつめるだけつめこみます。

とはいっても私は講師なので、少しでも仕事に結び付くものにしてます。
歴史系も興味があるのですが、冬に試験が多く、あきらめました。
江戸文化歴史検定とか、ツボなんですけが。

6つはほとんど優しい試験ですが、春までの仕事量もけして楽なものではないので無理目なチャレンジです。
年末年始と、年度末の2月3月は忙しいしいはずです。あ、ずっとだな。
仕事をしながらのチャレンジなので、なかなか時間は取れません。
そんな状況でもより自分が面白がれるように、ここに5つのルールを課しました。

チャレンジ5つのルール

・個人情報保護士認定試験以外の5つの試験は、一つにつき21時間以内に準備を終える。
・時間はすべて測る。
・対策の方針を決めて、それ以外はやらない。
・対策内容と結果は逐一ブログで報告する。
・勝率5割きったら福岡でSとKとTにごちそうする。

21時間というのは今年Kindleで出版したのフレームワークを使います。

こちらの本です。
[amazonjs asin=”B01GXOTPF2″ locale=”JP” title=”自分を変えずに結果を出す21時間理論: デザインスクール講師が教える、苦しまないアウトプットの方法”]

個人情報保護士認定試験は法律の試験であり、さすがに法律用語については、言葉になじむまでに時間がかかりそうなのです。
21時間では無理そうです。
ほかについては、それぞれの勉強時間としては、足りるんじゃないかなと思っています。
ITパスポートと個人情報保護士認定試験がヤマかなと思います。

IT系資格試験日程のカレンダー

大きくしてみる場合は、カレンダー右下の「+」を押してください
★随時受けられるもの
ITパスポート
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
情報検定(J検)CBT方式
日商PC検定

Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力試験
Illustrator®(イラストレーター)クリエイター能力認定試験
HTML5プロフェッショナル認定試験

Photoshopの資格について

PhotoShopの資格については、

Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力試験

Adobe認定試験

があります。
どちらも、随時試験を行っています。

・Adobe認定試験は、インストラクターと、エキスパートがあります。
エキスパートは4択です。試験対策の資料が少なく、専門学校に通うのがおすすめです。
バージョンアップした製品については新たに認定が必要になります。
問題数 78問/時間90分/合格点70%以上
受験料は、18,900円(税込み)です。

・Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力試験は、
知識問題・実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上
出題内容をサンプル問題で知ることができます。
受験料は
●エキスパート・・・・8,400円
●スタンダード・・・・7,400円

amazonにいくつか書籍がありました。
[amazonjs asin=”B001KNM5SG” locale=”JP” title=”media5 過去問突破! Photoshopクリエイター能力認定試験 6ヶ月保証版”]

こちらは、しばらくしたらなくなるかも。
[amazonjs asin=”4904558499″ locale=”JP” title=”Photoshopクリエイター能力認定試験問題集(cs/cs2/cs3/cs4/cs5対応)”]

Twitterの記事をブログに貼る楽で速い方法

前回の、この記事の続きです。

ツイッターの記事をブログの記事に入れる方法

 

WordPRessにTwitteの記事をはりたいってときに、URLのコピーが異常に手間がかかる。
・twitterの自分のページを開いて、
・該当の記事を選択して、
・コピペして、
・アンカーンクを外す
っていうのが、もう、すごくめんどくさいので楽な方法を考えました。

Twilogは一覧できるけど、URLのコピーができないので今回は使えず。

PC用クライアントのJanetterを使うと、各記事のURLのコピーが楽でした。
http://janetter.net/jp/desktop.html

記事右下の歯車をクリックして、
2016-12-01_22h50_18

ツイートのURLをコピーすると早い。link

コピーしたURLをWordPressにはってください。

ツイッターの記事をブログの記事に入れる方法

WordPress上で、ツイッターの記事を使った投稿記事を書くにはどうしたらいいでしょうか。

Blackbird Pieというのを使います。
Twitter Blackbird Pie
プラグインは2016/12/1現在使えないようです。

たとえば、statusつきのURLを投稿記事にコピペします。

[code]https://twitter.com/sakamotomichiro/status/804283752604049409[/code]

こう表示されます。

ツイートをリンクするまでに
・twitterの自分のページを開いて、
・該当の記事を選択して、
・コピペして、
・アンカーンクを外す

っていうのがすごくめんどくさいのでもう一工夫します。次回。