ガリチャレ Webクリエイター能力認定試験エキスパート 雑感

ガリチャレ実施中です

長者丸産業大学教授の坂本です。

ガリチャレ(ガリ勉チャレンジ)として、3か月間に6つの試験を受けるチャレンジをしています。
3ヶ月で6つの試験を受け続けるチャレンジをしています。

・PHP技術者認定試験初級 2016/12/28 【合格】
・ITパスポート 2017/01/08 【合格】
・Webクリエイター認定試験エキスパート 2017/01/14
・Webライティング能力検定 2017/02/12
・ヘルシーフードアドバイザー 2017/03/11
・個人情報保護士認定試験 2017/03/19

今日、Webクリエイター能力認定試験エキスパートが終わり、3つ受けたことになります。
ウェブ制作を時間内に行うテストなんですが、レイアウトが崩れてなかったので、おそらく合格したと思います。

いったい、私はこんなに真面目だったんだろうかと思います。
誰がこんなに詰め込んでしまったのか。
なぜに、こんなに詰め込んでしまったのか。
ああ、全部自分だった。

3か月で資格試験6つを受け続ける「ガリ勉チャレンジ」スタート

毎週試験をうけるのはこれでおしまいです。
おかげで、短期間で資格試験に受かるコツを話せるようになりました。

Webクリエイター認定試験エキスパートについて

この試験は、エキスパートと、スタンダードがあります。

http://www.sikaku.gr.jp/web/wc/ind/about/

私が選択したのはエキスパートです。

受験するHTMLバージョンも選択ができて、
・HTML5
・XHTML
・HTML4

の3つがありますが、ぜひ、最新のHTML5を選んでください。
HTMLのバージョンはどんどん変わっていきます。
古いバージョンの受験にメリットはありません。

試験は秋葉原で受験しました。
身分証明書(免許証等)と、筆記用具(ボールペン)が必要でした。シャーペンではダメでした。

当たり前ですがこの試験はパソコンで受験します。
マックとウインドウズが選択でき、さらにドリームウィーバーかメモ帳のどちらかを選択できます。
メモ帳を選択したほうが、試験時間が20分長く、余裕があります。

受験の仕方、提出の仕方が独特なので、練習問題をやっておく必要があります。
http://www.sikaku.gr.jp/web/wc/ind/about/sample/

4,5回練習問題のウェブ・サイトを制作したら、対策は十分です。

2017年は、『SUPER FOLK SONG』にもう一度出会う一年になる

CDやアルバムで、「墓場まで持っていく」と決めているアルバムが一枚あるとすれば、それはなんだろうか。

私の一枚は、矢野顕子の『SUPER FOLK SONG』だ。

[amazonjs asin=”B00B9HEBVM” locale=”JP” title=”SUPER FOLK SONG”]

だいたいの大人は仕事をはじめると、新しい音楽を聴いている暇がなくなるので
思春期に訊いた曲を、いつまでもカラオケの持ち歌にしたり、鼻歌で歌ったりします。

私も思春期にはたくさん、いろいろ聞きました。
聴いているうちにほとんどの曲は飽きてしまいます。
10代、20代から今まで変わらず聴き続けているのは、矢野顕子と古今亭志ん朝です(以下敬称略)。

flumpoolやRADWIMPSも、聞けばといいなと思いますが、脳内の歴史が違います。

その、『SUPER FOLK SONG』、カバー曲であり、名曲ぞろいです。
矢野顕子らしく、原曲がわからないくらいのアレンジスタイルは、このころすでにできあがっています。
「やたらファンがリクエストするけど、矢野顕子がCD収録の通りには弾いてくれない」でおなじみの中央線も入ってます。

『SUPER FOLK SONG』は信じられないことに一発録音です。
その一発録音の様子を収めたドキュメンタリー映画がありました。
アルバムと同名の『SUPER FOLK SONG』です。1992年の映画です。
圧倒的な緊張のなかでの音楽家のクオリティに驚かされる名作です。
どれだけ練習しているんだろう?

このドキュメンタリーがレストア&リマスタリングされて、劇場に復活するというのです。

http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=3329&cd=yanoeiga_about

行くにきまってるだろう。
劇場が40代50代のおじさん、お〇さんでいっぱいになっちゃうこと必至。
わたしもその年代のおじさんとして、他のおじさんにおじさんと認識されに行ってきます。

3か月で資格試験6つを受け続ける「ガリ勉チャレンジ」スタート

来年の春からはすごく忙しいのですが、3月までに資格試験をうけることにしました。
冬のガリ勉チャレンジ。略して「ガリチャレ」。あんまり短くなってない。

これから受ける試験7つ6つ

・PHP技術者認定試験 2016/12/28
・ITパスポート 2017/01/08
・Webクリエイター認定試験エキスパート 2017/01/14
・Webライティング能力検定 2017/02/12
・個人情報保護士認定試験 2017/02/18/2017/03/19 訂正
・ヘルシーフードアドバイザー 2017/03/11
・メンタルヘルスマネジメントⅢ種 2017/03/19

もちろん知識がほしいから勉強するのですが、
「大変なほうが面白いんじゃない?」というイージーな発想でつめるだけつめこみます。

とはいっても私は講師なので、少しでも仕事に結び付くものにしてます。
歴史系も興味があるのですが、冬に試験が多く、あきらめました。
江戸文化歴史検定とか、ツボなんですけが。

6つはほとんど優しい試験ですが、春までの仕事量もけして楽なものではないので無理目なチャレンジです。
年末年始と、年度末の2月3月は忙しいしいはずです。あ、ずっとだな。
仕事をしながらのチャレンジなので、なかなか時間は取れません。
そんな状況でもより自分が面白がれるように、ここに5つのルールを課しました。

チャレンジ5つのルール

・個人情報保護士認定試験以外の5つの試験は、一つにつき21時間以内に準備を終える。
・時間はすべて測る。
・対策の方針を決めて、それ以外はやらない。
・対策内容と結果は逐一ブログで報告する。
・勝率5割きったら福岡でSとKとTにごちそうする。

21時間というのは今年Kindleで出版したのフレームワークを使います。

こちらの本です。
[amazonjs asin=”B01GXOTPF2″ locale=”JP” title=”自分を変えずに結果を出す21時間理論: デザインスクール講師が教える、苦しまないアウトプットの方法”]

個人情報保護士認定試験は法律の試験であり、さすがに法律用語については、言葉になじむまでに時間がかかりそうなのです。
21時間では無理そうです。
ほかについては、それぞれの勉強時間としては、足りるんじゃないかなと思っています。
ITパスポートと個人情報保護士認定試験がヤマかなと思います。

Photoshopの資格について

PhotoShopの資格については、

Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力試験

Adobe認定試験

があります。
どちらも、随時試験を行っています。

・Adobe認定試験は、インストラクターと、エキスパートがあります。
エキスパートは4択です。試験対策の資料が少なく、専門学校に通うのがおすすめです。
バージョンアップした製品については新たに認定が必要になります。
問題数 78問/時間90分/合格点70%以上
受験料は、18,900円(税込み)です。

・Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力試験は、
知識問題・実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上
出題内容をサンプル問題で知ることができます。
受験料は
●エキスパート・・・・8,400円
●スタンダード・・・・7,400円

amazonにいくつか書籍がありました。
[amazonjs asin=”B001KNM5SG” locale=”JP” title=”media5 過去問突破! Photoshopクリエイター能力認定試験 6ヶ月保証版”]

こちらは、しばらくしたらなくなるかも。
[amazonjs asin=”4904558499″ locale=”JP” title=”Photoshopクリエイター能力認定試験問題集(cs/cs2/cs3/cs4/cs5対応)”]